妊娠中のニキビ・吹き出物などの肌荒れの原因

妊婦さんに多い悩みの一つ、妊娠中の肌荒れ・・

 

妊娠すると、赤ちゃんを育てるためにホルモンバランスが急激な変化を起こすので、自律神経が狂いお肌のターンオーバー(肌細胞の生まれ変わり)が乱れてしまいます。

 

 

そのため、いつもよりもお肌が乾燥しやすく、バリア機能が低下するため、少しの刺激でもかぶれてしまったり、いつも使っていた化粧品が合わなくなったり、乾燥による皮脂分泌の過剰によってニキビや吹き出物が出やすくなります。

 

ただでさえ、つわりによる吐き気や胃の不快感、腰痛、足のむくみなど妊娠中は不調が多いもの。

 

ましてや、肌荒れも増えるとなると、お出かけするのが優津になってしまいますよね。。

 

 

でも大丈夫!

 

妊娠中の肌荒れや敏感肌の仕組みや時期などを知って、妊娠中の肌荒れ対策をしっかりするとそこまでひどい肌荒れにはなりません。

 

もし妊娠されてめでたく妊婦さんになったら、妊婦=いつもより肌荒れしやすいと頭の中に入れておきましょう!

 

妊婦さんのお肌はいつもより敏感肌です!

妊娠中のお肌は、バリア機能が弱まっています!!

お肌のバリア機能が弱まっているってどういうことでしょうか?

 

妊娠していない時の肌の正常なバリア機能なら、多少の刺激を受けても、バリア機能がお肌を守ってくれます。

 

しかし、バリア機能が弱まっている妊娠中のお肌は、紫外線や刺激の強い成分で作られた化粧品などのちょっとした刺激でも、過敏に反応してしまうのです。

 

これが妊娠中に肌荒れが起きてしまうメカニズム。

 

 

バリア機能が低下する=外的刺激を受けやすくなる=敏感肌になるということ。

 

敏感肌が引き起こすトラブル

 

・化学成分がたくさん入った化粧品を使うとかゆみ・ひりつき・赤みなど肌荒れを起こす
・紫外線のダメージをもろに受けてシミができやすくなる
・お肌が乾燥してオイリー肌になる
・ニキビや吹き出物が増える
・お肌の乾燥がひどくなり小じわが増える

 

特にホルモンバランスが急激な変化が起きる妊娠初期は一番デリケートな時期。

 

つわりや眠気、だるさなども起こりやすい時期で、妊娠中の中でも一番過ごしにくく辛い時期でもありますよね。

 

(胎盤が完成する12〜14週頃になると、つわりもお肌も少しずつ落ち着いてきますよ。)

 

 

では肌荒れしやすい妊娠中のメイク(日焼け止めやファンデーションのベースメイク)はどうしたらいいんでしょう?

 

 

妊娠中は、化学成分が入っていない無添加化粧品をできるだけ選ぶようにしましょう!

 

スキンケア化粧品、メイク用の化粧品のどちらもお肌につけるものですから、自然由来のお肌に優しいファンデーションや日焼け止め化粧品を使うのがおすすめです。

 

妊娠中におすすめのファンデーションはこちら